第2回音楽理論研究会の開催。『研究科目:音楽科学』

第2回目の研究大学の開催です。

 

新規学問名がきまったところで、様々な資料や楽譜、本・文献などを調べます。

シリンガーシステム・バークリーメソッド・リディアンクロマティックコンセプト・バルトーク作曲法・近代和声法・対位法、ジャズの歴史・西洋音楽の歴史・東洋音楽の歴史・テトラコードの発生・初期のテトラコードの組み合わせ.音階の成立、単旋律から和声への成立。コードシンボルの発生。メロディとハーモニーの分離の成功。

 

短時間で多くの議題と話がでましたが和声的解釈を中心に考えるところから一度離れて、単旋律の音楽から分析を始めようという形で決まりました。

 

次回からは西洋のもっとも古い音楽・グレゴリオ聖歌について研究します。